ジムニー純正サイのタイヤカバーが人気!修理や外し方は?鍵も必需品

下取りは必ず無料一括査定サイトを使ってください!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初でなおかつ勝利へのステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

ジムニー純正サイのタイヤカバーが人気なんですよね。

サイのタイヤカバー以外にも多数あるのは知ってました?

また、バンドの修理や外し方、鍵についても解説していきます。

ジムニーのタイヤカバーバンドの修理や外し方、鍵もまとめて全部紹介していきますよ。

タイヤカバーを外す方法は動画でも解説しています。

また、盗難防止に純正のプラスティックロックも紹介していますよ。

ジムニー純正サイのタイヤカバーが人気!

ジムニー純正サイのタイヤカバーが人気!修理や外し方は?鍵も必需品

出典:https://item.rakuten.co.jp/suzysports/10001466/

ジムニーのタイヤカバーというとサイをイメージする人も多いんですよね。

結構昔からあるデザインなので懐かしいと感じたりもしますが、古臭い感じは全くありません。

しかも、このデザインがスズキの純正だというのだから、ジムニーってすごいなと思うんですよね。

ですが、人気のサイのタイヤカバーはネットではほとんど出回っていません。

純正パーツということで、中古品がちょっと出品されている程度ですね。

じゃあ、もう買えないのかというとそんなコトはありません!

新型ジムニーのオプションにもサイのタイヤカバーは残っていますよ!

オプション価格は本体価格6,480円+参考取り付け費1,404円の合計7,884円となっています。

ネット販売でも本体価格はほぼ同じなので、サイのタイヤカバーを手に入れたいならディーラーに行くのがオススメですよ!

ただし、ジムニーは型式によって純正タイヤカバーでも入らない可能性があります。

製造年で適合するか購入前に必ず確認してください。

→【新型ジムニー】アクセサリーカタログ(公式サイト)

他にも人気のジムニー純正タイヤカバー

サイ以外の定番と言えば「四駆」の文字が書かれているタイヤカバーですね。

こちらも根強い人気があり、新型ジムニーでもアクセサリーとして追加されています。

ですが、人気があったのに無くなってしまいそうな純正タイヤカバーもあるんですよ。

それがヒョウ柄の純正タイヤカバーです。

ヒョウ柄のタイヤカバーは新型ジムニーには無いんですよ。

だから、JB23を乗っている人が選べる貴重なタイヤカバーだと思います。

まだまだ、ネット購入も可能なので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

タイヤカバーのバンドだけを修理・交換する方法

ジムニー純正サイのタイヤカバーが人気!修理や外し方は?鍵も必需品

出典:https://conton.exblog.jp/23025786/

何年も経ってしまうとスペアタイヤカバーを止めるバンドが劣化してきちゃうんですよね。

屋外に停めている場合だと、金具のサビも劣化を進めてしまいます。

走行中にバンドが切れてしまったら危ないですよ。

バンドの劣化が気になってディーラーに行った人の多くがカバーを丸ごと交換するよう提案されるようなんです。

となると、交換には数万円も掛かってしまうんですよね。

ですが、バンドのみを購入することが出来るんです!

  • 99000-99034-BEG   [ グレー ]
  • 99000-99034-BEB   [ ブラック ]
価格 1,000円(1本・税抜き)

こちらがバンドの品番となります。

品番をきちんと伝えることが出来ればディーラーで丸ごと交換せずに部品のみを発注することが可能です!

なおネット購入したい方は下記サイトで販売していましたので確認してみてくださいね。

→くるパ~ショッピング~(外部サイト)

ジムニータイヤカバーの修理手順

出典:https://conton.exblog.jp/23025786/

ストラップバンドで固定するタイプのタイヤカバーを装着しているとバンドの劣化に悩まされることになります。

スペアタイヤが剥き出しのタイプであれば、バンド交換は不要です。

先ほどご紹介した品番の部品を交換すれば、新品同様にしっかりとカバーを固定してくれるようになりますよ。

作業手順は・・・

  1. バンドを止めているビスを外す
  2. 樹脂ストラップを変え、固定部品も新しいものに交換する
  3. ビス止めをして作業終了

部品さえ手に入ってしまえば、作業自体は簡単です。

多くのジムニーオーナーが部品の入手に苦労して、自作なんて人も結構いたんだそうですよ。

一部の方が部品の取り寄せが可能であるということを公開してくれたお陰で、今では自分で交換する方法が知られるようになりました。

ジムニータイヤカバーを外す方法

普段は付けっ放しのスペアタイヤもパンクなどの予期せぬ事態が発生したら、外す機会が訪れます。

ですが、普段外すことはないので実際に外す状況になってやり方が分からないなんてこともあります。

タイヤカバーを外す方法の動画があったので、こちらを見ながらやってみると良いと思います!

一応、下記に作業手順を載せておきますが動画で観ながら作業した方が早くスペアタイヤを外すことが出来そうですね。

タイヤカバーを外す手順

  1. タイヤカバーを固定している留め金を外して、ハードカバーの部分を右にスライドさせて外す
  2. スペアタイヤを固定しているビスを六角レンチで外す
  3. 固定金具とスペアタイヤを持ちながら、ゆっくりとスペアタイヤを動かす
  4. 固定金具が緩んだら先に金具を取り、スペアタイヤを取り外す

固定金具を止めているのは14mmのレンチで外せるはずです。

※仕様によっては違う可能性があるので作業前に確認してみてください。

ハードカバーさえ外すことが出来れば、あとは簡単ですね。

外す作業の流れは非常にカンタンで、誰でもできるレベルだと思います。

ハードカバーにレンチを刺すというのだけ覚えておけば大丈夫じゃないでしょうか。

防犯対策でタイヤカバーには鍵を

ジムニー純正サイのタイヤカバーが人気!修理や外し方は?鍵も必需品

出典:https://minkara.carview.co.jp/car/suzuki/jimny/partsreview/detail.aspx?cid=7628026&srt=1&pn=1&pi=136664&ucm=0

意外とスペアタイヤの盗難って多いみたいなんですよね。

ジムニーもスペアタイヤはバックドアあるので、盗難のリスクが付きまといます。

市販の南京錠を付けるという人もいるんですが、スズキの純正プラスティックロックならロゴ入りなのでカッコ良く盗難防止ができますよ。

品番:99000-99037-20T

価格:486円(税込み)

値段も安いので南京錠を付けるくらいなら純正のプラスティックロックを付けてみてはどうでしょうか?

ダイヤル式で任意の番号に変更できるので、使い勝手も良いですよ。

ジムニー純正サイのタイヤカバー・修理・外し方・鍵まとめ

ジムニーのタイヤカバーでは定番のサイが人気です。

新型ジムニーでは過去の復刻版のタイヤカバーなども用意されていて、遊び心のある方はタイヤカバーにもこだわってもらいたいですね。

ただし、ジムニーのタイヤカバーは年式によって適合しない可能性があります。

購入する際はジムニーの年式に合っているタイヤカバーであることを確認するようにしてください。

普段、タイヤカバーを外す機会はありません。

いざタイヤカバーを外すとなると外す方法が分からないという方も多いです。

解説動画も紹介してあるので、ぜひ事前に練習しておいてみてくださいね。

最後にスペアタイヤの盗難が増えてきています。

自分で簡単に外すことが出来るということは、他人にも簡単に外せてしまうということです。

スズキ純正の鍵も販売されていて価格も安いので、鍵を取り付けることをオススメします!

最後までお読みいただきありがとうございました。

新型ジムニーが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

新型ジムニーがほしい!

今の新型ジムニーは、

デザインが格好良すぎでしょ。ちょっとありえない。

最近スズキは出す車がみんないい感じ!

かわいくてワイルド。こんな車は世界中探してもこれしかない。

本格派オフローダーのプライドを持って走りだそう!

オフローダー伝統のラダーフレームやブレーキLSDトラクションコントロールも新型ジムニーには当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新型ジムニーの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「新型ジムニーは…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉が苦手なんだよなぁ…」
  • 「忙しくてディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーにいくとセールスマンが面倒…」
  • 「できる限り安く手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

知り合いは車の性能には詳しいけど
価格情報には疎いし。。

家族に相談しても、
なんか上の空。
自分で勝手にきめたら? なんて冷たい。

なんかつらいなぁ。。。

下取りより買取!

私の10年物の前の車なんだけど、
ディーラーの下取りだと、
新車への乗り換えだからとおまけしてもらって、
15万円でした。やっす~。

値引き額はこの時点で
30万円値引いてもらっていたんですが…。

結構値引きしてくれたので、
「もっと引いてよ!」とはとても言えませんでした。

ここで、口実を作っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに

ネットを調べまくった結果…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも全部乗せ!

新型ジムニーは燃費も安全性能も装備も、
やっぱり素晴らしい!

私みたいに自分のほしい新型ジムニーを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

それは一括査定サイトを使うことです!

たくさんの中古車屋さんに査定額を競ってもらうことで

価格が跳ね上がっていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする