ジムニー(JB23)カスタム初心者でも簡単にできるオススメパーツ

下取りは必ず無料一括査定サイトを使ってください!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初でなおかつ勝利へのステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

ジムニー(JB23)をカッコ良くしたいならカスタムが必須です。

だけど、カスタム初心者には不安が多いもの。

そこで、ジムニー(JB23)を初心者でも簡単にカスタムできるパーツを紹介していきます。

簡単にできるカスタムパーツでカッコ良くジムニーを乗りこなしませんか?

ジムニーはカスタムパーツが豊富

ジムニーは初代の発売から50年近く経っていて、長く愛されているクルマなんですよ。

セカンドカーとしても人気でオフローダーという特殊な仕様であることも相まってカスタムしている人が多い車種だと言えます。

カスタムというと難しそうというイメージがありますよね。

だけど、ジムニーならスペアタイヤのタイヤカバーを変えるだけでも印象がガラっと変わるカスタムになるんですよ。

そう考えれば、初心者でもジムニーを簡単にカスタムしていくことができると思いませんか?

ジムニーのカスタムと言えばリフトアップだけど

ジムニーの代表的なカスタムというとリフトアップなんですよね。

車体を高くすることで、純正より大きなタイヤを装着することが可能となります。

オフロード感を強く出せるリフトアップはジムニーオーナーには人気のカスタムですよ。

ただ、このレベルのカスタムは素人が自分ですることは不可能です。

リフトアップのようなカスタムは専門の業者に依頼するようにしましょう。

初心者はやり易いところからジムニーをカスタムしていこう!

カスタムと言っても簡単なものから難しいものまで幅は広いです。

先ほどご紹介したリフトアップは整備士でなくてはできませんよね。

カスタムは大きくインテリア(内装)とエクステリア(外装)に分けることができます。

カッコ良いと思われたいなら、やはりエクステリア(外装)をカスタムしていくのがオススメですね。

でも、エクステリアって自分が乗っている時はカスタムしたのを実感できないものが多いのが欠点。

自分でカスタム感を味わいたいならインテリア(内装)からカスタムしていくのが良いでしょう。

カスタムをする上で注意しなくてはいけないこと

クルマをカスタムする上で注意しなくてはならないことがあります。

それは・・・『走行に関わるカスタムはしてはいけない』ということです。

クルマの整備は法律上、所有者の義務となっていて自分で整備することは問題ありません。

お金を取って整備する場合には整備士資格が必要となっています。

ですが、例えばブレーキの整備やエンジンの分解などを無資格でやるのは危険すぎます!

『ブレーキが効かない』とか『エンジンが止まってしまう』といったリスクがあるので、初心者は絶対にやらないようにしましょう。

カスタムしても走行に影響がないものだけを自分で交換するようにしましょう。

外装パーツの場合、自分でつけたけど走っていたら外れてしまったなんていう危険があることも理解しておいた方が良いですね。

初心者におすすめのジムニー外装カスタムパーツ


外装をカスタムするとなると、アルミホイールを最初に思いつく人も多いんじゃないでしょうか。

ジムニー以外ならインチアップしたいところですが、扁平率の低いタイヤはジムニーには似合いません。

インチアップするならリフトアップ必須というところですね。

ただ、ホイール交換は初心者には向いていないんですよね。

タイヤを履き替える必要があり、新品ならバランス調整も必要となります。

ホイール交換を考えている人は整備士に交換してもらうようにしてください。

自分で簡単に出来るカスタムパーツとしてはタイヤカバーナンバー灯をオススメします!

【初心者でも簡単に交換可能なカスタムパーツ】タイヤカバー

ジムニー(JB23)をカッコ良く!カスタム初心者でも簡単にできるオススメパーツ

出典:https://item.rakuten.co.jp/suzysports/10001466/

スペアタイヤが後方に付いているジムニーは、タイヤカバー交換でもオシャレになりますよ。

純正のものでも遊び心があるデザインが多く、初心者にはオススメですね。

ネットなら現在生産終了しているものも販売されていたりします。

まずはタイヤカバーから交換してみるのはいかがでしょうか?

【初心者でも簡単に交換可能なカスタムパーツ】ナンバー灯

出典:https://item.rakuten.co.jp/megaled/10000356/

ナンバー灯のライトの色を変えるのも簡単にできるカスタムの一つです。

LEDバルブを変えるだけのタイプなら、難しい作業もなく初心者でも簡単にできますよ。

また、ナンバー灯を交換するのと比べて値段が安いというメリットもありますね。

初心者におすすめのジムニー内装カスタムパーツ

上級者であれば、こんな豪華な内装にすることも可能です。

ですが、初心者はカスタムキットを購入してカスタムするのが良いですね。

市販のカスタムキットにも質の高いものが結構あるんですよ。

ここではインパネ、シートカバー、フロアマットの3つを紹介していきます。

【初心者でも簡単に交換可能なカスタムパーツ】インパネ

出典:https://item.rakuten.co.jp/auc-surprise/ta000021866/

インパネが変わると雰囲気がガラっと変わるんですよね。

純正に飽きてきたらインパネを変えるのはオススメですよ。

また、初心者でも交換しやすいのもポイントです!

【初心者でも簡単に交換可能なカスタムパーツ】シートカバー

シートカバーも簡単に交換できるので初心者におすすめのカスタムパーツです。

色を変えると室内の雰囲気が変わりますよね。

出来ればインパネとの相性も考えて変えたいところです。

注意点としてはジムニーのJB23は1型~10型まであり、シートの形状が違うということ。

JB23用でも適合しないことがあるので気を付けてください。

【初心者でも簡単に交換可能なカスタムパーツ】フロアマット

フロアマットは誰でも変えることができますよね。

でも、意外と印象が変わる内装のカスタムパーツだったりするんですよ。

こちらも変えるならシートカバーやインパネとの相性を考えて選びたいですね。

ジムニー(JB23)のカスタム初心者でも簡単にできるオススメパーツまとめ

ジムニー(JB23)はカスタムパーツが多く販売されています。

初心者が自分でカスタムするなら外装と内装で走行に支障をきたさない部品にしましょう。

他人にカッコ良くみられたいなら外装カスタムから、自分で満足したいなら内装カスタムからやるのがオススメですね。

市販のカスタムパーツには装着が簡単と謳っている商品もたくさんあるので、ぜひトライしていみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

新型ジムニーが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

新型ジムニーがほしい!

今の新型ジムニーは、

デザインが格好良すぎでしょ。ちょっとありえない。

最近スズキは出す車がみんないい感じ!

かわいくてワイルド。こんな車は世界中探してもこれしかない。

本格派オフローダーのプライドを持って走りだそう!

オフローダー伝統のラダーフレームやブレーキLSDトラクションコントロールも新型ジムニーには当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新型ジムニーの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「新型ジムニーは…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉が苦手なんだよなぁ…」
  • 「忙しくてディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーにいくとセールスマンが面倒…」
  • 「できる限り安く手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

知り合いは車の性能には詳しいけど
価格情報には疎いし。。

家族に相談しても、
なんか上の空。
自分で勝手にきめたら? なんて冷たい。

なんかつらいなぁ。。。

下取りより買取!

私の10年物の前の車なんだけど、
ディーラーの下取りだと、
新車への乗り換えだからとおまけしてもらって、
15万円でした。やっす~。

値引き額はこの時点で
30万円値引いてもらっていたんですが…。

結構値引きしてくれたので、
「もっと引いてよ!」とはとても言えませんでした。

ここで、口実を作っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに

ネットを調べまくった結果…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも全部乗せ!

新型ジムニーは燃費も安全性能も装備も、
やっぱり素晴らしい!

私みたいに自分のほしい新型ジムニーを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

それは一括査定サイトを使うことです!

たくさんの中古車屋さんに査定額を競ってもらうことで

価格が跳ね上がっていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする