【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsレネゲード

下取りは必ず無料一括査定サイトを使ってください!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初でなおかつ勝利へのステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

本格オフロード車として新型ジムニーシエラのライバルと呼べるクルマは国産車にはありません。

外国車に視野を広げてもJeep社のレネゲードくらいではないでしょうか?

オフロード車のイメージが強いJeep社の本格クロスカントリーであるレネゲードは良い比較対象になると思います。

そこで、新型ジムニーシエラのライバル車として徹底比較してみました!

【ライバル車徹底比較!】レネゲードのオフロード性能は本物

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsレネゲード

出典:https://www.jeep-japan.com/renegade/gallery.html

よくあるクロスオーバーSUVとは違い、レネゲードは本格クロスカントリーを実現している数少ないクルマです。

「新型ジムニーシエラにはライバル車がいない」と言われますが、レネゲードはライバルと呼べるクルマだと言えます。

コンパクトカーに分類されるオフロード車の中では、新型ジムニーシエラとレネゲードは飛び抜けた存在なんですよね。

新型ジムニーシエラももちろん走破性は非常に高く、水辺でもガンガン走行することが可能です。

レネゲードとは、やはりオフロードでの走行を前提として比較していくべきだと思います。

外装や内装もオフロードとして、どのように違いがあるのかを見ていきましょう。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsレネゲードの外装の違い

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsレネゲード

出典:https://www.jeep-japan.com/renegade/exterior.html

レネゲードは高い車高に悪天候での走行をサポートしてくれるフォグランプなどが搭載されています。

Jeep社初のコンパクトSUVでありながら、17インチのアルミホイールを装備しているなど外装の装備が充実しているんですよね。

全長4,255mmと短いのですが、車体重量は1,400Kgと重厚感のあるスタイリングに仕上がっていますよ。

出典:https://www.jeep-japan.com/renegade/exterior.html

斜面、岩場での走行でも走行性のを維持できるようなスポーティなデザインになっているのも特徴的ですよね。

渡河でも走り抜けるレネゲードの走破性の高さを確保した外装になっていますよ。

出典:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

一方のジムニーシエラはレネゲードと比べると角ばった外装になっています。

フェンダー部分はやや丸みを帯びていますが、全体的には角ばった印象を与えますよね。

新型ジムニーシエラは見るからに悪路でも高い走行能力を発揮してくれそうなワイルドな外装パーツで組み上げられています。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsレネゲードの内装の違い

新型ジムニーシエラの内装はシンプルで機能性を重視しています。

内装は軽自動車のジムニーと同じ仕様になっているので、やや安っぽさを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが機能面はとても充実していて、グローブを嵌め悪路運転している場合でも押しやすい大きいスイッチを採用しているなど工夫は素晴らしいものがありますよ。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsレネゲード

出典:https://www.jeep-japan.com/renegade/interior.html

レネゲードの方はというとスポーティかつ高級感のある内装になっていますね。

純正ナビの性能も高く、コンパクトカーとしては豪華な内装だと言えます。

とはいっても、車体価格が299万円からとこのクラスでは非常に高いんですよね。

さらに4WDとなるのは排気量2,400㏄のTRAILHARKのみ。

価格は365万円となっています。

新型ジムニーシエラが176万円からの価格帯であることを考えると、これくらいの内装の違いはあって当然というところでしょうか。

レネゲードは価格にふさわしい充実した内装になっていると思いますよ。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsレネゲードの走破性能の違い

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsレネゲード

出典:https://www.jeep-japan.com/renegade/performance.html

レネゲードは2.4LのTRAILHAWKは4WDかつ電子制御式9速オートマチックトランスミッション搭載で走破性能はとんでもなく高くなっているんですよね。

ですが、下位グレードに相当する1.4LエンジンのLongitude、Limitedには2WDしか設定されていません。

馬力こそ140psと新型ジムニーシエラより高いのですが、悪路走破性能において2WDでは不安が付きまといます。

走破性能という点では、新型ジムニーシエラも2.4エンジン搭載のTRAILHAWKには敵わないと思います。

ですが、軽自動車のジムニー、ジムニーシエラともにパートタイム4WDを採用しており、グレードを問わず走破性を確保しています。

スズキセーフティサポートを付ければ、レネゲードと同等の安全性能が確保できる点も見逃せませんね。

レネゲードはアクティブクルーズコントロール(車間距離確保の機能)で勝っているというくらいでしょうか。

レネゲードのTRAILHAWKと新型ジムニーシエラでは約2倍もの価格差があります。

そう考えると新型ジムニーシエラのコストパフォーマンスの良さが光りますね!

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsレネゲードまとめ

世界的に有名なJeep社のレネゲードですが、走破性の高い4WDは残念ながらハイグレードのTRAILHAWKにしか搭載されていません。

それに対し、新型ジムニーシエラにはパートタイム4WDを標準搭載。

価格はレネゲードの約半分と非常にコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

2WDのLongitudeと比べると100万円ほど安いのに、4WDであるという点で勝っていると思います。

国内市場において、これだけの性能がどれほど必要とされるかは分かりません。

ですが、200万円を切る低価格でありながら世界的なオフロード車とも十分戦える性能を持っているというのはすごいことだと思います。

低価格の本格クロスカントリーとして新型ジムニーシエラはもっとも優れた存在さと言えるのではないでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

新型ジムニーシエラのライバルをまとめて比較していますよ。

→新型ジムニーシエラのライバル車をまとめて徹底比較!

新型ジムニーが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

新型ジムニーがほしい!

今の新型ジムニーは、

デザインが格好良すぎでしょ。ちょっとありえない。

最近スズキは出す車がみんないい感じ!

かわいくてワイルド。こんな車は世界中探してもこれしかない。

本格派オフローダーのプライドを持って走りだそう!

オフローダー伝統のラダーフレームやブレーキLSDトラクションコントロールも新型ジムニーには当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新型ジムニーの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「新型ジムニーは…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉が苦手なんだよなぁ…」
  • 「忙しくてディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーにいくとセールスマンが面倒…」
  • 「できる限り安く手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

知り合いは車の性能には詳しいけど
価格情報には疎いし。。

家族に相談しても、
なんか上の空。
自分で勝手にきめたら? なんて冷たい。

なんかつらいなぁ。。。

下取りより買取!

私の10年物の前の車なんだけど、
ディーラーの下取りだと、
新車への乗り換えだからとおまけしてもらって、
15万円でした。やっす~。

値引き額はこの時点で
30万円値引いてもらっていたんですが…。

結構値引きしてくれたので、
「もっと引いてよ!」とはとても言えませんでした。

ここで、口実を作っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに

ネットを調べまくった結果…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも全部乗せ!

新型ジムニーは燃費も安全性能も装備も、
やっぱり素晴らしい!

私みたいに自分のほしい新型ジムニーを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

それは一括査定サイトを使うことです!

たくさんの中古車屋さんに査定額を競ってもらうことで

価格が跳ね上がっていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする