【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsSX4 S-CROSS

下取りは必ず無料一括査定サイトを使ってください!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初でなおかつ勝利へのステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

新型のジムニーシエラと同じスズキのクロスオーバーであるSX4 S-CROSSをライバル比較してみます。

SX4 S-CROSSはクロスオーバーなのでライバルとは言い難い部分があります。

ですが、高い走破性を持っているので新型ジムニーシエラとの比較は参考になると思いますよ。

ジムニーシエラはライバルと呼べるクルマが少ないので、同社のSX4 S-CROSSとの比較は面白いことになりそうですね!

【ライバル車徹底比較!】コンパクトSUVのSX4 S-CROSSはエスクードの兄弟車?

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsSX4 S-CROSS

出典:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/

先代からフロントが大きく変更されたSX4 S-CROSSは、エスクードの兄弟車と呼ばれるほど似ているんですよね。

そもそもエスクードもSX4 S-CROSSもハンガリーの工場で生産され、国内には輸入のような形で入ってきているんです。

どちらも販売のメインはヨーロッパで、SX4 S-CROSSの国内販売目標は年間600台ほど。

見たことがないと思った人がほとんどではないでしょうか?

1.6LエンジンのコンパクトSUVということでエスクードとターゲットが同社で被っていると言われています。

外観上はSX4 S-CROSSのフロントマスクにインパクトがあるので、結構違うんですけどね。

中身はエスクードより街乗り向けによったクロスオーバーの車になっていると言えます。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsSX4 S-CROSSの外装の違い

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsSX4 S-CROSS

出典:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/styling/index.html

軽自動車を得意とするスズキですが、SX4 S-CROSSの外観は他社のSUVにも引けを取りません。

フロントが某ドイツ系メーカーのパクリと言われたりしていますがカッコ良いですよね。

高級感のあるSUVの外装に仕上がっているのがSX4 S-CROSSの魅力だと思います。

SX4 S-CROSSと比べてしまうと「高級感」といった言葉とは無縁に感じてしまうのが新型ジムニーシエラですね。

先進性の高いデザインのSX4 S-CROSSに対し、新型にも関わらずレトロな風貌をしているのがジムニーシエラの外装の特徴と言えます。

サイズ感はSX4 S-CROSSより一回り小さいのですが、ワイルドさが前面に出たスタイルが男らしいです。

クロスオーバーのSX4 S-CROSSと本格クロスカントリーの新型ジムニーシエラなので、外装はあまりに違ったものになっていますね。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsSX4 S-CROSSの内装の違い

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsSX4 S-CROSS

出典:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/interior/index.html

SX4 S-CROSSは内装がセダンのような作りになっているんですよね。

シックで落ち着いた感じの内装になっているのが画像からも分かるかと思います。

ヨーロッパ市場で販売されていることもあってか、とにかくシンプルです。

価格帯を抑えるためかSX4 S-CROSSの内装の口コミはあまり良くありません。

「チープな作り」とか「すぐに傷つく」などの悪い口コミもチラホラ見受けられます。

実は、SX4 S-CROSSって200万円くらいの価格帯に設定されています。

扱い上はコンパクトSUVですが、セダンタイプとして見てみると低価格に分類されるんですよね。

見た目ほど高級感はないと思っておいた方が無難かもしれませんよ。

新型ジムニーシエラの内装はシンプルで軽自動車のジムニーと同じものとなっています。

車体の大きさはジムニーシエラの方が大きいのですが、内装に関しては全く同じになっている点には気を付けてください。

ですが、クロスカントリー走行でも不自由のないよう色々な工夫が施されていますよ。

内装に関してはデザイン性ではSX4 S-CROSSの方が優れているように思います。

しかし、実用面で見てみると新型ジムニーシエラの内装は用途に合ったもので完成度は非常に高いと言えるはずです。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsSX4 S-CROSSの室内の広さの違い

出典:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/interior/index.html

室内の広さにおいてはSX4 S-CROSSの圧勝と言っても過言ではありません。

車体の大きさもありますが、前後のシートの感覚が814mmとなっている点で広さを実感できます。

これだけのシート感覚があると大人が後部座席に乗っても、それほど狭さを感じません。

ファミリーカーとしても充分実用に耐える広さになっているのがSX4 S-CROSSですね。

そうなると、4人乗りのジムニーシエラでは全く歯が立ちませんね。

積荷スペースと合わせるとかなり広さに違いがあると感じるはずです。

室内の広さについてはファミリーカーとして使えるSX4 S-CROSSがオススメですね。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsSX4 S-CROSSの走行性能・安全性能の違い

出典:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/safety/index.html

走行性能や安全性能に関しては新型ジムニーシエラの方が優れています。

SX4 S-CROSSには国内販売車の多くに搭載されている安全装備が搭載されていません。

理由は元々海外市場のクルマだから。

走行性能に関してもALLGRIPという電子制御機能こそ搭載されているものの、クロスカントリーでの走行には耐えれないだろうと予測されます。

車体価格が200万円ほどに抑えられている理由がここにあるんでしょう。

SX4 S-CROSSがはデュアルセンサーブレーキサポートなどの安全機能を選択することができないという欠点があります。

いざという時に必要な安全機能が最新のクルマにも関わらず搭載されていないのは非常に厳しいと思います。

走行性能や安全性能に関しては新型ジムニーシエラの方が優れていますね!

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsSX4 S-CROSSまとめ

SX4 S-CROSSはカッコ良い外観で目立ちますが、安全性能の低さや室内が安っぽい作りになっているという欠点があります。

これはヨーロッパ市場のクルマを輸入しているような形になっているからです。

一方の新型ジムニーシエラは国内市場のクルマを海外でも販売するというスタイル。

日本国内で購入できるジムニーシエラには安全装備ももちろん付いています。

※一部グレードではオプション扱い

後部座席にも大人を乗せることがあるならSX4 S-CROSSがオススメですね。

ですが、後部座席に人が乗ることがなく、デザインも気に入るようなら新型ジムニーシエラの方が安心だと思いますよ!

なお、価格も新型ジムニーシエラは176万円~と安くなっています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

新型ジムニーシエラのライバルをまとめて比較していますよ。

→新型ジムニーシエラのライバル車をまとめて徹底比較!

新型ジムニーが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

新型ジムニーがほしい!

今の新型ジムニーは、

デザインが格好良すぎでしょ。ちょっとありえない。

最近スズキは出す車がみんないい感じ!

かわいくてワイルド。こんな車は世界中探してもこれしかない。

本格派オフローダーのプライドを持って走りだそう!

オフローダー伝統のラダーフレームやブレーキLSDトラクションコントロールも新型ジムニーには当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新型ジムニーの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「新型ジムニーは…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉が苦手なんだよなぁ…」
  • 「忙しくてディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーにいくとセールスマンが面倒…」
  • 「できる限り安く手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

知り合いは車の性能には詳しいけど
価格情報には疎いし。。

家族に相談しても、
なんか上の空。
自分で勝手にきめたら? なんて冷たい。

なんかつらいなぁ。。。

下取りより買取!

私の10年物の前の車なんだけど、
ディーラーの下取りだと、
新車への乗り換えだからとおまけしてもらって、
15万円でした。やっす~。

値引き額はこの時点で
30万円値引いてもらっていたんですが…。

結構値引きしてくれたので、
「もっと引いてよ!」とはとても言えませんでした。

ここで、口実を作っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに

ネットを調べまくった結果…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも全部乗せ!

新型ジムニーは燃費も安全性能も装備も、
やっぱり素晴らしい!

私みたいに自分のほしい新型ジムニーを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

それは一括査定サイトを使うことです!

たくさんの中古車屋さんに査定額を競ってもらうことで

価格が跳ね上がっていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする