【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsイグニス

下取りは必ず無料一括査定サイトを使ってください!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初でなおかつ勝利へのステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

新型ジムニーシエラの競合車(ライバル車)としてイグニスと比較してみました。

そこで、新型ジムニーシエラとイグニスを色々な視点で比較。

違いを分かりやすく解説していきます。

比較して見えてきた新型ジムニーシエラの特徴とは???

【ライバル車徹底比較!】イグニスはシンプルデザインなのに高い走行性能

出典:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/

新型ジムニーシエラと同じスズキから販売されているイグニス。

シンプルなデザインながら、雪道や悪路走行にも対応している万能でコンパクトな普通車なんです。

4WD車に限られますが、雪道での発信をサポートするグリップコントロールやキツい下り坂で発揮されるヒルディセントコントロールが色々な場所での走行をサポートしてくれるんですよ。

また、全車にマイルドハイブリッドが搭載されているので高い燃費性能も魅力の一つですね。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラは悪路で本領発揮

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsイグニス

ジムニーシエラと言えばどこでも走行可能な高い走破性が最大の特徴ですよね。

新型ジムニーシエラでも、もちろんそれは継承されていて悪路走行で力を発揮する車になっています。

イグニスも走破性を高めていますが4WD車に限られます。

ですが、新型ジムニーシエラはパートタイム4WDを採用していて全車4WDとなっているんです。

つまり、新型ジムニーシエラはどこでも走ることが出来ることが最大の魅力だと言えますね。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsイグニス外装の違い

出典:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/

イグニスの外装はヨーロピアンデザインなので、こんなヨーロッパの石畳が似合いますね。

フォルクスワーゲンやフィアットのロゴが付いていても違和感を感じないくらいデザインが高いと思います。

コンパクトカーに位置づけられるので、ホンダのフィットやトヨタのアクアと比較されることが多いんですよね。

ですが、イグニスのCMを見るとSUVのような印象を受けるんですよ。

見た目以上にタフな車だということが伺えますよね。

一方の新型ジムニーシエラはというとPVには街乗りが出てきません(笑)

壮大な自然の中を駆け抜けていく様は、新型ジムニーシエラの魅力を最大限に表していると言えます。

こんなPVなのは国産車では多分、トヨタのランドクルーザーくらいではないでしょうか?

角ばったスクエアデザインに変わった新型ジムニーシエラはオフロード走行が似合うんですよね。

無骨なデザインだから、より過酷な状況でこそ映えるんじゃないでしょうか?

オシャレなヨーロピアンスタイルのイグニス無骨でワイルドな新型ジムニーシエラという構図になりますね。

外装についてはあまりに違いすぎるので比較というのは適切な言葉ではないかもしれません。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsイグニス内装の違い

出典:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/

イグニスの内装はとてもシンプルになっていますよね。

軽自動車やコンパクトカーでは、センターコンソール(運転席と助手席の間)が空いている車が主流になってきています。

ですが、イグニスはセンターコンソールにシフトレバーが設置されていてセダンのような作りになっているんです。

コンパクトカーの位置づけながら、外装、内装ともに独特な作りになっているんですよ。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsイグニス

新型ジムニーシエラの内装もイグニスに負けず劣らずシンプル。

外装のスクエアデザインに合わせて、内装も角ばった印象を受けます。

新型ジムニーシエラの内装はかなりこだわった作りになっていて、大きめのセンタースイッチや、このクラスでは少ないタコメーターもちゃんと装備されているんですよ。

また、センターコンソールにはシフトレバー以外にパートタイム4WDのレバーも設置されています。

内装はデザイン性もさることながら、実用性の高さを考えられているのがすごい点だと言えますね。

悪路走行を想定した内装の作りになっているのは新型ジムニーシエラだけじゃないでしょうか。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsイグニス室内の広さ

出典:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/

イグニスの室内はゆとりがあって高級感すら感じますね。

実際、室内の広さは2,020mm(HYBRID MGは1,945mm)と広めの設計になっているんですよ。

また、グレードによってはリアシートをスライドして荷室スペースを広げることも可能。

旅行などにも対応しやすいのが魅力です。

新型ジムニーシエラの方はというと室内をフルフラットにすることが可能です!

ただし、室内の全長は1,795mmで軽自動車の新型ジムニーと全く同じ広さになっているんですよ。

そのため、普通車としてはやや狭くなっているのが欠点だと言えそうです。

新型ジムニーと同じ内装になっているのは、専用設計のジムニーで最適化しているからなんですよね。

普通車としてはやや狭いかもしれませんが、新型ジムニーの室内は軽自動車としては充分すぎる広さになっています。

ですので、致命的な欠点とは言えないと思います。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsイグニス燃費比較

走行状態 新型ジムニーシエラ(5MT) イグニス(HYBRID4WD)
カタログ値 16.2Km/L 25.4Km/L
実燃費 11.6Km/L 16.5Km/L

実際の燃費で比べてみても、イグニスの方が5Km/Lほど燃費が良いですね。

カタログ値ほどの差ではないものの、燃費の差は明らかです。

新型ジムニーシエラにはHYBRID仕様車がなく燃費は良くありません。

イグニスは2WDならもうちょっと燃費が良いんですが、新型ジムニーシエラとの比較となれば4WDで行うのが適切ですよね。

ジムニーシエラに燃費性能を求めること自体がそもそも間違っているという方が多いのも事実。

というのも新型ジムニー、新型ジムニーシエラはとにかく悪路で絶対的な性能を発揮すれば良いと考える人が多いからです。

そのため、「唯一無二」とか「ライバル車不在」と良く言われるんですよね。

ただ、ユーザーからすれば燃費はとても重要な性能なんですよねぇ・・・

新型ジムニーシエラは同クラスでは燃費は非常に悪い部類だと理解して乗る必要がありますね。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラの圧倒的な走破性能

室内が狭く、燃費も悪い新型ジムニーシエラですが、悪路走行ではイグニスとは比較になりません!

動画を観てもらえれば分かると思いますが、こんな道を他の車で走れるワケがないんですよ。

まさに新型ジムニーシエラならではの走行性能だと言えますね。

SUV車と呼ばれる車種でも、これだけの悪路走行は不可能なんですよ。

多くの場合、車体が低く底を擦ってしまいます。

また、こういった悪路ではフレームが歪みやすいんですよね。

だから、新型ジムニーシエラでは伝統のラダーフレームを採用し、高い剛性を確保しています。

悪路走行ばかりでも耐えれる高い耐久性があるのが新型ジムニーシエラのもっとも優れているところだと思いますよ!

イグニスでは雪道や非舗装の道路を走る程度に留めておくべきだと思います。

【ライバル車徹底比較!】新型ジムニーシエラvsイグニスまとめ

悪路走行も可能ということで新型ジムニーシエラとイグニスを比較してきました。

ヨーロピアンスタイルでオシャレなイグニスと無骨で男らしいジムニーシエラを比べるというちょっと変な比較になってしまいました。

内装の広さ、燃費ではイグニスが優れていますね。

新型ジムニーシエラは悪路走行で圧倒的な性能差を見せてくれました。

法定速度でしか走れない高い走行性能のスポーツカーと似ているんじゃないでしょうか?

舗装路がほとんどの日本国内では新型ジムニーシエラの良さを発揮するのは難しいかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

新型ジムニーシエラのライバルをまとめて比較していますよ。

→新型ジムニーシエラのライバル車をまとめて徹底比較!

新型ジムニーが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

新型ジムニーがほしい!

今の新型ジムニーは、

デザインが格好良すぎでしょ。ちょっとありえない。

最近スズキは出す車がみんないい感じ!

かわいくてワイルド。こんな車は世界中探してもこれしかない。

本格派オフローダーのプライドを持って走りだそう!

オフローダー伝統のラダーフレームやブレーキLSDトラクションコントロールも新型ジムニーには当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新型ジムニーの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「新型ジムニーは…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉が苦手なんだよなぁ…」
  • 「忙しくてディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーにいくとセールスマンが面倒…」
  • 「できる限り安く手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

知り合いは車の性能には詳しいけど
価格情報には疎いし。。

家族に相談しても、
なんか上の空。
自分で勝手にきめたら? なんて冷たい。

なんかつらいなぁ。。。

下取りより買取!

私の10年物の前の車なんだけど、
ディーラーの下取りだと、
新車への乗り換えだからとおまけしてもらって、
15万円でした。やっす~。

値引き額はこの時点で
30万円値引いてもらっていたんですが…。

結構値引きしてくれたので、
「もっと引いてよ!」とはとても言えませんでした。

ここで、口実を作っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに

ネットを調べまくった結果…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも全部乗せ!

新型ジムニーは燃費も安全性能も装備も、
やっぱり素晴らしい!

私みたいに自分のほしい新型ジムニーを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

それは一括査定サイトを使うことです!

たくさんの中古車屋さんに査定額を競ってもらうことで

価格が跳ね上がっていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする