新型ジムニーの納期最新情報!生産台数〇〇%も増産の理由とは?

下取りは必ず無料一括査定サイトを使ってください!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初でなおかつ勝利へのステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

新型ジムニーの納期は1年待ち以上とも言われているんですよね。

最新情報だと新型ジムニーシエラでは「2年待ち」との噂も。

ですが、新型ジムニーの納期を大幅に縮めるために生産ラインを増やすとの最新情報が入ってきました。

これによると新型ジムニーの納期が大幅に短縮されるらしいのです。

生産ライン増設で生産台数は、なんと〇〇%も増えるんですよ!

【納期最新情報】新型ジムニーの生産ライン増設決定!


2018年8月23日に新聞で報道されたのですが、新型ジムニーの生産ラインが増設されることが決定しました。

新型ジムニーと新型ジムニーシエラは年間生産台数1万5千台を想定していたんです。

ところが、7月5日の発売日に2,000台、7月末までに年間計画を上回る16,000台超もの受注を受けたとのこと。

ディーラーでも新型ジムニーで1年待ち新型ジムニーシエラだと1年半待ちと納期が長期化してしまっているんですよね。

販売店では2年待ち以上の納期回答がされることも・・・

現在生産を行っている湖西工場はフル稼働で対応しているらしいのですが、全く追いついていません。

これはスズキとしては嬉しい悲鳴だったのですが、あまりの人気に具体的な納期解消案が発表されました。

生産ラインの増設、これにより現状の1.5倍の月間7,000台の生産台数にまで引き上げる計画が発表されました。

この増産にかかる費用は20億円とも言われ、かなりの設備投資をしてでも現在の状況を打開する方策が決まりました。

スズキとしては、あくまで新車発売直後の特需と考えていて、今後の受注は落ち着いてくると見ているようです。

それでも生産ラインを増設してまで増産する動きをとったのは海外市場を視野に入れてのことのようですね。

年内にはインドやパキスタンでの販売を開始。

インドやパキスタンでの販売に力を入れることで、生産ラインを増設しても設備投資を回収可能だと判断されたようです。

これから新型ジムニーを購入しようと考えている人には朗報ですね!

【納期最新情報】新型ジムニーのライン増設時期は?

新型ジムニーの納期最新情報!生産台数〇〇%も増産の理由とは?

新型ジムニーの生産ライン増設が最新情報として新聞で発表されたのは8月23日です。

7月5日の販売開始から約1か月半ですよ。

恐らく発売直後からあまりの受注に「いつ受注は落ち着くんだろう?」くらいに思っていたんでしょうね。

ですが、お盆前でも一向に受注が落ち着かない。

それで、お盆明けくらいに具体的なライン増設案を詰めていったという感じじゃないでしょうか?

正式に発表されたのは9月13日なので、社内での稟議可決に時間も掛かったのではないでしょうか?

20億もの設備投資となれば、社長決裁もしくは役員決議が必要なレベルですから。

とにかく、ようやく生産ライン増設に動けるようになったということです!

具体的な増産時期については、事前の噂通り2019年1月からを予定しているそうですよ。

4か月弱で新ラインを作るというのは、相当ムリしている感じがありますよね。

予定通りに2019年1月には増産体制に入ってもらえるといいのですが・・・

生産台数を増やすと言っても、実は簡単にはいかないんですよね。

材料の供給や生産ラインの人員確保、教育など準備しないといけないことはすごく多いんです。

ユーザーからしたら「すぐに増産してくれよ!」と言いたいところですが、最短で準備を進めているという感じですよ。

これでもスズキ社内ではメチャクチャ短納期で増産計画を進めているはずですね。

ただ、気になるのはインドやパキスタンでの販売で納期解消が進まないのかということではないでしょうか?

【納期最新情報】海外販売で納期解消が遅れるの!?

せっかく生産ラインを増設しても、海外販売を開始してしまったら納期が縮まってこないのではないかという不安がありますよね?

新型ジムニーは当初年間15,000台程度を国内販売する予定でした。

海外では旧型ジムニーを年間3万~4万台をコンスタントに売り続けていたんです。

ジムニーは歴代のシリーズ累計で全世界194か国、285万台を売り上げてきたんですよ!(2018年3月時点)

オフロード車ということで世界中で需要があるみたいですね。

実際、新型ジムニーは国内市場専用で、普通車規格の新型ジムニーシエラが海外では「ジムニー」として発売されるそうです。

生産ライン増設後は1.5倍の月間生産台数7,000台ということは、現在の月間生産台数は5,000台弱という計算になりますよね。

つまり、もともと海外市場を見据えた工場の生産能力だったということが分かります。

生産ラインが増設されれば、新型ジムニー、新型ジムニーシエラの受注に対応できそうだと言えますね。

【納期最新情報】新型ジムニー・新型ジムニーシエラを購入するタイミングは?

新型ジムニーや新型ジムニーシエラを購入したいと考えている人は2018年中は注文するのを控えた方が良いと思います。

増産の動きはありますが、生産ラインの増設が遅れる可能性もあるので増産が始まったことを確認してから発注するのが確実ですね。

そのため、2018年12月までは新型ジムニー、新型ジムニーシエラに注文してしまうと「思ったより納品が遅い」といったトラブルが起こる危険性があります。

2019年2月頃になれば、具体的な納期遅れの解消目途が立っていると思うので、年明けまで待つのがベストだと思いますよ。

たぶん、2018年10月~12月頃にディーラーに行っても、1年待ちという回答をされてしまう可能性が高いですね。

確かに新型ジムニーはカッコ良くて人気が出るのは分かりますよねー。

まだ予約を入れていない人は、今は我慢するほかないと思います。

新型ジムニーを中古車で購入するのが今は一番早いのですが・・・

中古車相場が今、ヤバいことになっています。

→ジムニーシエラの中古車相場っていくらくらい?まだ中古車が出回っていない!?

新型ジムニーの納期最新情報まとめ

大量受注によって1年待ち以上という非常に長い納期になってしまっている新型ジムニー。

ですが、2018年9月に生産ラインの増設が発表されました。

これによって2019年以降は徐々に納期が短くなってくると予想されます。

スズキも7月から9月くらいは発売直後の短期的な需要と考えているようです。

ですが、インドがパキスタンといった海外市場での販売促進を含めて、増産を決定したみたいですね。

生産台数が1.5倍の7,000台となっていますが、海外での販売分を抜くと約3倍もの供給が可能になりそうです。

つまり、増産後は1年待ちとなっている納期が約4カ月程度まで解消する可能性があるんですよ!

ただし、生産ラインの増設は2019年1月から稼働となっているので2018年内には解消しません。

新型ジムニーの購入を考えている人は、とりあえず年内は予約を待った方が安心だと思います。

納期状況が改善してきてからの方が、より正確な納入予定日が決まりやすいですよね。

急いで予約しても、増産が上手くいかなかった場合には非常に長い期間待たされる危険性がありますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

新型ジムニーが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

新型ジムニーがほしい!

今の新型ジムニーは、

デザインが格好良すぎでしょ。ちょっとありえない。

最近スズキは出す車がみんないい感じ!

かわいくてワイルド。こんな車は世界中探してもこれしかない。

本格派オフローダーのプライドを持って走りだそう!

オフローダー伝統のラダーフレームやブレーキLSDトラクションコントロールも新型ジムニーには当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新型ジムニーの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「新型ジムニーは…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉が苦手なんだよなぁ…」
  • 「忙しくてディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーにいくとセールスマンが面倒…」
  • 「できる限り安く手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

知り合いは車の性能には詳しいけど
価格情報には疎いし。。

家族に相談しても、
なんか上の空。
自分で勝手にきめたら? なんて冷たい。

なんかつらいなぁ。。。

下取りより買取!

私の10年物の前の車なんだけど、
ディーラーの下取りだと、
新車への乗り換えだからとおまけしてもらって、
15万円でした。やっす~。

値引き額はこの時点で
30万円値引いてもらっていたんですが…。

結構値引きしてくれたので、
「もっと引いてよ!」とはとても言えませんでした。

ここで、口実を作っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに

ネットを調べまくった結果…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも全部乗せ!

新型ジムニーは燃費も安全性能も装備も、
やっぱり素晴らしい!

私みたいに自分のほしい新型ジムニーを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

それは一括査定サイトを使うことです!

たくさんの中古車屋さんに査定額を競ってもらうことで

価格が跳ね上がっていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする