新型ジムニーのアクセサリーカタログ!ワンランク上のジムニーに♪

下取りは必ず無料一括査定サイトを使ってください!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初でなおかつ勝利へのステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

新型ジムニーのアクセサリーカタログの内容をご紹介します。

純正のアクセサリーだと新型ジムニーをオシャレに楽しめますよ♪

アクセサリーカタログの内容や入手方法についてもお伝えしていますよ。

新型ジムニーのアクセサリーカタログを今すぐ見る方法も公開しちゃいます!

ワンランク上の楽しみ方をしたい人にオススメですよ。

新型ジムニーのアクセサリーカタログがSNSで話題に!

新型ジムニーのカタログ自体も入手困難と言われているのですが、新型ジムニーにはアクセサリーカタログというものも存在します。

また、普通車の新型ジムニーシエラのカタログと、アクセサリーカタログもあるので全部で4種類のカタログがあることになりますね。

特に販売直後の2018年7月頃はディーラーに足を運んでもカタログが無いなんてこともすごく多かったようです。

新型ジムニー、新型ジムニーシエラがメーカー予想より非常に多く売れているため、カタログ自体も入手しにくい状態が続いているようなんです。

新型ジムニーはスタイル別のアクセサリーが充実!


新型ジムニーのアクセサリーカタログでは、様々なスタイルが紹介されています。

スタイル別に外装アクセサリーが用意されているので、カラーバリエーションにもジムニーを楽しむ方法があるってコトですね!

アクセサリーカタログでは4つのスタイルがあることが分かります。

  1. オフロードスタイル
  2. サバイバルスタイル
  3. ヘリテージスタイル
  4. リバイバルスタイル

これらのスタイルについて詳しく見てみましょう。

アクセサリーカタログ①:オフロードスタイル

新型ジムニーのアクセサリーカタログ!ワンランク上のジムニーに♪

出典:http://www.suzuki-accessory.com/

ジムニーと言えば、やっぱりオフロードが似合いますよね?

アクセサリーカタログでも最初に紹介されているのが、オフロードスタイルです。

ノーマル状態と比べると、スポーティーなデザインになっていますよね。

オフロードスタイルにする場合、以下のアクセサリーが必要となりますよ。

  • スペアタイヤハーフカバーデカール
  • マッドフラップセット
  • フードデカール
  • サイドデカール
  • フロントグリル
  • アルミホイール
  • ナンバープレートリム

アクセサリーカタログ②:サバイバルスタイル

出典:http://www.suzuki-accessory.com/

アウトドアに向いているのがサバイバルスタイルですね。

無骨なデザインの新型ジムニーをもっとワイルドに楽しみたい人にオススメです!

  • スペアタイヤハーフカバーデカール
  • フロントグリル
  • フォグランプガーニッシュ
  • サイドデカール
  • ドアミラーカバー
  • メッキドアハンドル
  • ルームミラーカバー
  • ナンバープレートリム

サバイバルスタイルでは、内装アクセサリーも用意されているんですよ。

ルームミラーカバーやメッキドアハンドルといった細かいアクセサリーでよりオシャレな仕上がりになりますね。

アクセサリーカタログ③:ヘリテージスタイル

新型ジムニーのアクセサリーカタログ!ワンランク上のジムニーに♪

出典:http://www.suzuki-accessory.com/

旧型ジムニーをイメージさせるレトロなデザインなのがヘリテージスタイルです。

サイドにヘリテージカラーとジムニーロゴが入る昔からのファンに支持されそうなスタイルですね。

ヘリテージスタイルに必要なアクセサリーパーツは・・・

  • スペアタイヤハーフカバーデカール
  • マッドフラップセット
  • ドアミラーカバー
  • サイドデカール
  • カラードスチール
  • ナンバープレートリム

あえてカラードスチールに変更するのが渋い感じですよね。

歴代のジムニーファンには堪らないデザインだと思います。

アクセサリーカタログ④:リバイバルスタイル

新型ジムニーのアクセサリーカタログ!ワンランク上のジムニーに♪

出典:http://www.suzuki-accessory.com/

ヘリテージスタイルと同様で、旧型ジムニーを彷彿とされるリバイバルスタイルにも変更が可能です。

旧型っぽいスタイルを新型ジムニーで楽しめるのがいいですね。

  • スペアタイヤハーフカバーデカール
  • ルームミラーカバー
  • リヤバンパープレート
  • サイドデカール
  • ベースキャリア
  • サーフボードアタッチメント
  • ナンバープレートリム

サーフボードアタッチメントは無理して付けなくてもいいかなという感じですかね。

スタイルを決めても必要なアクセサリーのみも選択可能なので、ご自身の好みの組み合わせにすることもできますよ!

アクセサリーカタログには他にもたくさん掲載!

新型ジムニーのアクセサリーカタログでは、スタイル別のアクセサリー以外にもたくさん掲載されているんですよ。

エクステリアインテリアアウトドアイルミネーションなどなど。

オートキャンプに対応したアクセサリーまで純正で用意されているのはすごいですよね。

あまりお金を掛けられないって人でもスペアタイヤのサイドデカールやスペアタイヤカバーだけでも変えると、一味違った印象になりますよ。

新型ジムニーのアクセサリーカタログ入手法

新型ジムニーと新型ジムニーシエラのアクセサリーカタログはディーラーで貰うことが可能です!

ですが、ネットで見ることも可能なんですよ!

こちらのリンクからジムニーのアクセサリーカタログを直接見ることができます。

→ジムニーアクセサリーカタログ(外部リンク)

新型ジムニーのアクセサリーカタログまとめ

新型ジムニーと新型ジムニーシエラにはアクセサリーカタログがあります。

旧型やオフロードなどこだわりのあるスタイルに変更することが可能なんですよ。

アクセサリーカタログはディーラーで貰うことができますが、やや品薄状態なんですよね。

そこで、今すぐ見る方法として公式サイトのウェブカタログを紹介しています。

気になる方はそちらをチェックしてみてくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

新型ジムニーが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

新型ジムニーがほしい!

今の新型ジムニーは、

デザインが格好良すぎでしょ。ちょっとありえない。

最近スズキは出す車がみんないい感じ!

かわいくてワイルド。こんな車は世界中探してもこれしかない。

本格派オフローダーのプライドを持って走りだそう!

オフローダー伝統のラダーフレームやブレーキLSDトラクションコントロールも新型ジムニーには当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新型ジムニーの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「新型ジムニーは…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉が苦手なんだよなぁ…」
  • 「忙しくてディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーにいくとセールスマンが面倒…」
  • 「できる限り安く手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

知り合いは車の性能には詳しいけど
価格情報には疎いし。。

家族に相談しても、
なんか上の空。
自分で勝手にきめたら? なんて冷たい。

なんかつらいなぁ。。。

下取りより買取!

私の10年物の前の車なんだけど、
ディーラーの下取りだと、
新車への乗り換えだからとおまけしてもらって、
15万円でした。やっす~。

値引き額はこの時点で
30万円値引いてもらっていたんですが…。

結構値引きしてくれたので、
「もっと引いてよ!」とはとても言えませんでした。

ここで、口実を作っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに

ネットを調べまくった結果…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも全部乗せ!

新型ジムニーは燃費も安全性能も装備も、
やっぱり素晴らしい!

私みたいに自分のほしい新型ジムニーを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

それは一括査定サイトを使うことです!

たくさんの中古車屋さんに査定額を競ってもらうことで

価格が跳ね上がっていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする