新型ジムニーの試乗動画と試乗レポートから見えるすごい進化とは!?

下取りは必ず無料一括査定サイトを使ってください!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初でなおかつ勝利へのステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

新型ジムニーの試乗動画と試乗レポートを集めてみました!

やっぱり画像よりも動画で観た方がわかりやすいですよね?

そこで、新型ジムニーと旧型ジムニーは何が違うのかを徹底解説していきます。

試乗動画と試乗レポートから見えるすごい進化の全貌を明らかにしていきますよ。

新型ジムニーを動画で試乗レポート

新型ジムニー最大の特徴は何といっても「唯一無二」であるということ。

例えば、スポーツカーなら高出力エンジンや高速性能が求められます。

高級セダンならラグジュアリー感のある内装や大きめの車体も必要になっています。

ですが、ジムニーは軽自動車唯一のオフロード車なんですよね。

ハイクラスのオフロード車と言えば、国産のランクル(約500万円)などが有名。

海外に目を向けるとランドローバー社のオフロード車なら1000万円を超えてしまいます。

こだわりの強い車はどうしても価格が高くなってしまうんですよね。

だけど、新型ジムニーの車体価格は145万8000円~と非常にリーズナブル。

他に同じような車がない唯一無二の存在であることが最大の魅力ではないでしょうか?

動画で観てみると価格帯では考えられないような悪路でもガンガン走行していくことが可能であると分かります。

低排気量なので、出力にはやや不満が残る人もいるかもしれません。

新型ジムニーは高い走破能力を楽しめる特別な車なのです。

新型ジムニーの街乗り・高速走行などを動画で確認!

新型ジムニーの試乗動画と試乗レポートから見えるすごい進化とは!?

新型ジムニーを購入したからといって、先ほど紹介したような悪路ばかりを走る人はいないと思います。

実際、ジムニーは海外でも販売されているので、日本以外であれば悪路走行ばかりということもあるかもしれませんが・・・

そうなると、やはり気になってくるのは街乗り高速道路などの普段の乗り心地ですよね。

そこで、新型ジムニーの試乗動画を厳選して紹介していきます!

スズキ 新型ジムニー 試乗動画 SUZUKI Jimny Drivefeel

まずは最初に新型ジムニーの街乗り試乗動画を観てみましょう。

この動画では旧型ジムニーとの乗り心地の違いを語ってくれているので非常に分かりやすいですよ。

特にラダーフレームなのに一体感があるというのは、旧型を知っている人ならではの感想だと思います。

オフロード車には、このラダーフレームが採用されることが多くランドローバーもラダーフレームなんですよ。

なぜオフロード車にラダーフレームが使われるかというと。

  1. モノコック構造(市販車に多く採用)と比べ高い耐久性
  2. 転倒などでボディが変形しても走行性能を保ちやすい
  3. 片輪が浮くモーグル走行でも走破性能が高い

悪路走行に向いているのがラダーフレームなのです。

上物とフレームが別々の構造であるラダーフレームには欠点もあるんですよね。

旧型ジムニーでは上物とフレームの一体感がないという印象が強かったんです。

ところが新型ジムニーではこのフィーリングを変えることに成功!

街乗りでも充分な乗り心地を実現しています。

また、排気量の割にはトルクが高く力強い走行ができるのも魅力の一つですね。

坂道でもしっかりと加速していく感じが動画でも伝わってきました。

試乗した感想としては「5速MT車で乗って欲しい」なって言われていたのも頷けますね。

2018新型ジムニー紹介動画パート6試乗レポート(高速道路編)80~100km/h高速走行

新型ジムニーの高速道路を試乗した動画になっています。(高速試乗は3:30頃~)

旧型ジムニーの問題点であったジャガー(ハンドルジャガーやステアリングシミーと呼ばれることもある)について触れられていますよ。

最大の欠点と言われていたジャガーが改善しているのが新型ジムニーの特徴とも言えます。

※ジャガーとは路面の小さな凹凸などがきっかけでハンドルが左右に小刻みに震える現象。

80Km/h~100Km/hの法定速度であれば、かなり安定して走行できることが分かりますね!

キャンプなどで高速道路を使うようなことがあっても、イライラすることなく運転できるように進化していますよ!

新型ジムニーの進化を動画で解説!

新型ジムニーの試乗動画と試乗レポートから見えるすごい進化とは!?

ここからは旧型ジムニーからの具体的な変更点について動画で解説していきます。

新型ジムニーは走行性能だけでなく、内装、外装にも大きな変更があるんですよ。

さすがに20年ぶりのフルモデルチェンジというだけあって、色々変わっています。

それらについて詳しく解説している動画を2つご紹介します。

それではご覧ください。

【スズキ 新型ジムニー&ジムニー シエラ】フルモデルチェンジ!内装・外装の変更点は?|南明奈

ライセンスを持つほど車好きで知られるアッキーナが解説している動画になっています。

この動画では内装と外装の変更点を詳しく解説してくれていますよ。

新型ジムニーではシンプルな内装が目につきます。

黒を基調としているんですが、ところどころに色の違いがありエアコンの送風口などを分かりやすくしているんですよ。

また、パワーウィンドウのスイッチが中心にあるもの特徴の一つですね。

オフロード走行でグローブしている場合なども想定して大きめのスイッチにしているなどこだわりがあるんですよ。

他にはアウトドアでの使用を考え撥水シートになっているのもいいですね。

外装面では、スクエアボディの形状になっているのが一番の変更点ですね。

次の動画で旧型ジムニーと並べて比較しているので比べてみると一目瞭然ですよ!

外観のデザインが本格的なオフロード車らしくなったのが人気の秘訣ではないでしょうか?

並べて比較! 新型ジムニーJB64と旧型JB23の違いをチェック!

この動画を観ると旧型ジムニー(JB23型)からの進化が一目瞭然です!

あえてレトロなデザインに変更しているので万人受けしやすい感じですね。

また、タイヤハウスが大きく余裕があることに触れています。

リフトアップなどのカスタムがしやすいのが特徴ですね。

カスタムして乗りたいという人には嬉しい変更点だと思います。

外観の角ばったデザインなので旧型と比べると荷室が広く感じられます。

後部座席を倒すとフラットになり広く荷室を使える工夫がされていますよね。

運転席に乗ると、角が見やすいので運転はしやすいだろうと話しています。

やや視界は狭くなっている点には注意が必要ですが、運転しやすいので初心者でも安心ですよね。

新型ジムニーの安全性能も動画でチェック

レトロなデザインになった新型ジムニーですが、安全性能は最新のものが採用されています。

動画で解説されていた機能だけでなく、以下のような安全機能が搭載されているんですよ。

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能(AT車のみ)
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発信お知らせ機能
  • 標識認識機能(グレードによって)

新型ジムニーは「原点回帰」をテーマに作られたそうですが、最新機能が満載です!

旧型ジムニーとはデザイン以外にも大きく進化していると言えるんじゃないでしょうか?

これだけの安全機能が付いているなら初心者でも安心して乗れますね♪

新型ジムニーの試乗動画と試乗レポートまとめ

新型ジムニーは先代と同じラダーフレームを採用していますが、欠点だったジャガーを克服しています。

パワフルな走りを実現しつつ、快適性も上がっていると言えますね。

街乗りや高速道路でも乗り心地が良く、安全装備も充実しているので誰にでも勧めることができる車に仕上がっていると思いますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

新型ジムニーが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

新型ジムニーがほしい!

今の新型ジムニーは、

デザインが格好良すぎでしょ。ちょっとありえない。

最近スズキは出す車がみんないい感じ!

かわいくてワイルド。こんな車は世界中探してもこれしかない。

本格派オフローダーのプライドを持って走りだそう!

オフローダー伝統のラダーフレームやブレーキLSDトラクションコントロールも新型ジムニーには当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新型ジムニーの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「新型ジムニーは…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉が苦手なんだよなぁ…」
  • 「忙しくてディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーにいくとセールスマンが面倒…」
  • 「できる限り安く手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

知り合いは車の性能には詳しいけど
価格情報には疎いし。。

家族に相談しても、
なんか上の空。
自分で勝手にきめたら? なんて冷たい。

なんかつらいなぁ。。。

下取りより買取!

私の10年物の前の車なんだけど、
ディーラーの下取りだと、
新車への乗り換えだからとおまけしてもらって、
15万円でした。やっす~。

値引き額はこの時点で
30万円値引いてもらっていたんですが…。

結構値引きしてくれたので、
「もっと引いてよ!」とはとても言えませんでした。

ここで、口実を作っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに

ネットを調べまくった結果…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも全部乗せ!

新型ジムニーは燃費も安全性能も装備も、
やっぱり素晴らしい!

私みたいに自分のほしい新型ジムニーを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

それは一括査定サイトを使うことです!

たくさんの中古車屋さんに査定額を競ってもらうことで

価格が跳ね上がっていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする