新型ジムニーの実際の燃費は?MT車とAT車の違いも解説します

下取りは必ず無料一括査定サイトを使ってください!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初でなおかつ勝利へのステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

新型ジムニーの実際の燃費はどれくらいなんでしょうか?

MT車とAT車でも燃費に違いがあるようですよ。

そこで、旧型ジムニーと新型ジムニーの実際の燃費をMT車、AT車別に紹介していきます。

実際の燃費は想像以上に悪い!?それとも良いのか?

新型になって燃費がどれくらい改善されているか気になりますね。

新型ジムニーと旧型ジムニーの燃費をカタログ値で比較

型式 MT車 AT車
JB23型(旧型) 14.8Km/L 13.6Km/L
JB64型(新型) 16.8Km/L 13.2Km/L

フルモデルチェンジ前の旧型であるJB23型と新型ジムニーのJB64型の燃費を比較してみました。

カタログ値なので参考程度にしかならないですが、MT車の燃費は+2.0Km/L改善されていますね。

ですが、AT車は燃費が-0.4Km/Lと悪化しています。

もっと以前に販売されていた傑作と呼ばれるJA11型はあまりに古く、カタログ値を確認することができませんでした。

いずれにしてもジムニーの燃費は2018年発売とは思えないくらい燃費が悪いんですよね。

では、実際の燃費はどうなのでしょうか?

新型ジムニーと旧型ジムニーの実際の燃費を比較

型式 MT車 AT車
JA11型(2代目) 11.1Km/L 8.7Km/L
JB23型(旧型) 13.5Km/L 9.9Km/L
JB64型(新型) 11.5Km/L 10.0Km/L

こちらは実際のジムニーオーナーの燃費データを集計した数値となっています。

そのため、走行環境などによる影響もあるのかJB23型のMT車の燃費が一番良いという結果になっていますね。

ただし、AT車に関しては新しい型ほど燃費が良く、新型ジムニーのAT車であれば10.0Km/L程度の燃費にはなるようです。

実際の燃費で見てみると、新型の燃費は旧型と比べて良くなっているようですね。

とはいえ、ジムニーの燃費は軽自動車としては非常に悪い数値になっています。

では、新型ジムニーシエラの燃費はどうなんでしょうか?

ジムニーシエラの燃費はどうなの?

型式 MT車 AT車
旧型ジムニーシエラ 13.6Km/L 12.6Km/L
新型ジムニーシエラ 15.0Km/L 13.6Km/L

旧型のジムニーシエラと新型のジムニーシエラでは、燃費モードが違い一概に判断することはできません。

ですが、新型ジムニーシエラのWLTCモードは他車種を参考に計算すると、旧型ジムニーのJC08モードより約6%ほど燃費が悪い数値が出るようです。

それを元に計算してみると。

MT車の燃費は15.9Km/L、AT車の燃費は14.5Km/L程度の数値になります。

ということは新型ジムニーシエラは約15%ほど燃費が改善されているという考えられますね。

新型ジムニー、新型ジムニーシエラのどっちも燃費が悪いのはなぜ?

新型ジムニーの実際の燃費は?MT車とAT車の違いも解説します

軽自動車の新型ジムニー、1.5リッターエンジンの新型ジムニーシエラのどちらも排気量の割には燃費が悪いんですよね。

現在販売されている2.0リッタークラスのセダンでも20Km/L程度の燃費の車種は多いんですよね。

そう考えると660㏄エンジンの新型ジムニーの燃費は異常に悪いと言えます。

実は、オフロード車という特殊な車であることが燃費の悪さの原因なんですよ。

具体的には・・・

  1. オフロード専用パワートレインの採用
  2. 空気抵抗の大きいボディデザイン

これらが新型ジムニーと新型ジムニーシエラがフルモデルチェンジにも関わらず、燃費が良くない理由となります。

低燃費化の開発コストが見合わなかった可能性が高いと思います。

オフロード専用パワートレインの採用

ジムニーの最大の特徴は、悪路でも気にせず走行できる高い走行性能です!

デコボコ道ではサスペンションに掛かる負担が大きいだけでなく、車の底部に石がぶつかるなどの衝撃に耐える剛性が必要となるんです。

そのため、ジムニーにはオフロード専用パワートレインが採用されているんですよね。

専用設計であるがゆえに、スズキの低燃費技術との互換性がありません

スズキの軽自動車によく搭載されているエネチャージも採用できなかったというのが現実のようです。

20年ぶりのフルモデルチェンジで話題となっていますが、販売台数はそれほど多くありません。

新たに新型ジムニー専用のパワートレインを設計することはできなかったみたいですね。

空気抵抗の大きいボディデザイン

ジムニーは角ばったデザインとなっていますよね。

オフロード車らしいカッコイイデザインですが、空気抵抗が大きく燃費の視点で見てみると非常に効率が悪いんです。

そもそもオフロード車は写真のような場所を走行することを想定しています。

高速走行などは想定されていないのだからしょうがないですよね。

実際にジムニーを購入したら、悪路より街乗りや高速道路の方が多いかもしれません。

ですが、ジムニーのコンセプトから見て低燃費化というのはあまり重要な要素とはならないんですよ。

それより河原などを軽快に走っていくことができる方が重要だということですね。

ジムニーの燃費改善方法についてはこちらの記事に書いてありますよ。

ジムニーの燃費悪すぎって本当?燃費向上や燃費改善の方法を紹介

新型ジムニーは燃費以外は改善点も多い!

車の最重要部分であるパワートレインには大きな変更がありませんでしたが、快適さなどは大きく改善されているんです!

ボディには大きな変更が加えられていて、エンジン透過音の低減風邪騒音の低減を実現しています。

車内を快適に過ごせるような設計変更はフルモデルチェンジならではという感じですね。

また、安全面は最新装備がたくさん搭載されているんですよ!

充実の安全装備

新型ジムニーの実際の燃費は?MT車とAT車の違いも解説します

パワートレインに大きな変更がなく、燃費の悪さは大きな改善がされていません。

ですが、ジムニーにも最新の安全装備が搭載されていますよ。

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能(AT車のみ)
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発信お知らせ機能
  • 標識認識機能(グレードによって)

これだけの充実装備なら安全面はバッチリですよね?

一部AT車のみやグレードによっては付かない機能もあるので注意してください。

なお、標識認識機能は「スズキセーフティサポート」としてオプションでも付けることが可能ですよ。

高い安全性能であることは新型ジムニーの大きな変更点だと思います。

「燃費が良くないなら旧型でも良いか。」なんて思った人もいるはずですよね。

でも、車で一番大事なのは安全であることです。

充分すぎる安全機能を搭載しているだけでも、新型ジムニーを購入する理由になるのではないかと思いますよ。

新型ジムニーの実際の燃費は?まとめ

新型ジムニーは20年ぶりのフルモデルチェンジの割に燃費は改善されていません。

同様にジムニーシエラの新型モデルも燃費に大きな変化はありません。

専用設計であるジムニーのパワートレインに大きな設計を施せなかったというのが理由ですね。

そのため、旧型と比べてもほとんど燃費改善が見られないというのはちょっと残念です。

実際の燃費はやや新型の方が良い傾向にあります。

ですが、年式が新しいという部分も影響している可能性があり、あくまで参考程度に留めておいた方が良いと思います。

新型ジムニーは、車内の静音や安全性能に大きな変更が加えられているんですよ。

快適な移動や事故リスクの低減はユーザーにとっては嬉しい改善点ですよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

新型ジムニーが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

新型ジムニーがほしい!

今の新型ジムニーは、

デザインが格好良すぎでしょ。ちょっとありえない。

最近スズキは出す車がみんないい感じ!

かわいくてワイルド。こんな車は世界中探してもこれしかない。

本格派オフローダーのプライドを持って走りだそう!

オフローダー伝統のラダーフレームやブレーキLSDトラクションコントロールも新型ジムニーには当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新型ジムニーの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「新型ジムニーは…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉が苦手なんだよなぁ…」
  • 「忙しくてディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーにいくとセールスマンが面倒…」
  • 「できる限り安く手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

知り合いは車の性能には詳しいけど
価格情報には疎いし。。

家族に相談しても、
なんか上の空。
自分で勝手にきめたら? なんて冷たい。

なんかつらいなぁ。。。

下取りより買取!

私の10年物の前の車なんだけど、
ディーラーの下取りだと、
新車への乗り換えだからとおまけしてもらって、
15万円でした。やっす~。

値引き額はこの時点で
30万円値引いてもらっていたんですが…。

結構値引きしてくれたので、
「もっと引いてよ!」とはとても言えませんでした。

ここで、口実を作っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに

ネットを調べまくった結果…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも全部乗せ!

新型ジムニーは燃費も安全性能も装備も、
やっぱり素晴らしい!

私みたいに自分のほしい新型ジムニーを、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

それは一括査定サイトを使うことです!

たくさんの中古車屋さんに査定額を競ってもらうことで

価格が跳ね上がっていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする